Tag Archives: 規模

就職や転職をして自分に合った仕事ができなかったと感じても、救済されるケースはある。
企業としても採用した社員を適材適所に配置することは、事業を成功させるためには欠かせない。
そのため、積極的に人事異動を行って、適切な職種に変更するという措置が行われる傾向がある。

しかし、適材適所を実現するためには、企業側にも備えておかなければならない要素があり、職場選びをする時には、よく吟味しておかなければ適した職種に就けない場合もあると覚悟しておくべきだ。
そこで、人事異動が行われているかどうかを確認すためには、重要な点が2つある。

1つは社員数が多くて、異動を命じても支障がないくらいの余裕がある状況だということだ。
これにより、企業の規模の大きさを知ることもできるだろう。
あまりに社員数が少ない場合には、異動を行ってできた欠員を他の人材でカバーすることが難しく、安易に異動を命じることはできないものだ。
そしてもう1つのポイントは、社員評価を定期的に行って適材適所が行われているかを会社が確認しているかどうかだ。
たとえ社員数が多かったとしても、個々の社員が十分な仕事を行えているかどうかや仕事に対してストレスを感じていないかどうかを正しく評価していなければ、適した職種を与えられているかどうかはわからない。
半年や1年に1度のペースで社員評価を行い、上層部が個々の社員を把握する努力をしているかが重要になるのである。